話題の暗号通貨(仮想通貨)!ビットコイン、アルトコインって何?

暗号通貨がかなりブームになっていますね!
8月1日の『ビットコインハードフォーク』から更に興味を持った人も多いのではないでしょうか?

なかなか警戒心がとけなかったり所有しようか迷っている人も多いと思うので、今回は簡単に説明していきたいと思います!

ビットコインって誰が生み出したの?

サトシ・ナカモトという人によって投稿された論文に基づいて、2009年から運用が開始されたらしいです。
その人が誰かはまだわからないらしいですが、世界中のエンジニアたちが決済システムを作ったのが始まりだそうです。

 

暗号通貨(仮想通貨)って何?

暗号通貨はかなりの種類があります!
信頼できそうなものから、できなそうなものまで本当に様々。
所有するなら認知度の高い通貨か、一発狙って認知度の低い通貨か、、、(笑)

 

ビットコイン

一番有名な暗号通貨だと思います。
暗号通貨=ビットコイン
と認識している人も多いはず。

 

ビットコイン以外の暗号通貨

coincheckでの取扱コイン

ビットコイン以外の暗号通貨を『アルトコイン』と言います。

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラッシック
  • リップル
  • ネム
  • モネロ
  • リスク
  • ファクトム
  • ジーキャッシュ
  • ダッシュコイン
  • ライトコイン

たくさんありすぎるので紹介しきれませんが、代表的なところで言うとこのくらいです。
それぞれの通貨で特徴、決済方法の違いなどがあります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

暗号通貨のメリット

取引の透明性が高い

『送ったか、受け取ったか、いくら、いつ』と言う情報がすべて記録されています。
そしてブロックチェーンシステムによって、保護管理されています。

 

手数料が安い

通常お金は中央銀行が管理しており、取引するときや両替するときなどに手数料がかかります。
ですが暗号通貨の場合銀行を介さない個人間取引のため、手数料がものすごく安いです!
送る金額にもよりますが、数円から数十円で済んでしまいます。これはかなりのメリットですね。

 

時間帯が関係ない

基本的にお金のやり取りは、土日祝を除く9時〜15時(銀行によって異なる)。
ですが暗号通貨の場合は、その場でやり取りが完結するので国も曜日も時間帯も関係なくやり取りすることができます!

 

まだまだありますが、だいたいはこんな感じですかね!
※暗号通貨の種類によって異なりますのでその点は調べてみてください。

 

暗号通貨のデメリット

価値が不安定

通常の通貨は中央銀行が発行しているため、一応国が潰れなければその価値は保たれるという保証のもとに成り立っています。
暗号通貨は中央銀行も存在せずまだ価値が安定していないので、価格が乱高下する場合があります。これをチャンスとするかどうかはあなた次第です!

 

セキュリティー問題

不安にさせる気持ちは一切ありませんが世の中悪い人は存在するもの。暗号通貨はインターネット上で取引するため、コンピュータウイルスやハッキングにあって盗まれてしまうということが無いとはいい切れません。
しかし二段階認証携帯電話番号認証などでセキュリティを高めておくことは容易にできるので、僕は安心して使っています。

 

正直な所、僕は暗号通貨に警戒心も不安も抱いてないのであまり出てきませんでした(笑)
生活資金まで暗号通貨に替えてしまうのはあまりお薦めはできませんが、積極的に所有していきたいと思っています。

 

まとめ

簡単でしたが、概要としてはこんな感じ。

世界を大きく変えていきそうな暗号通貨たち!今後も活躍に目が離せませんね!笑
注目されてきて価値が更に上がっています。始めるならなるべく早いほうがいいかもしれませんね。

始める際はしっかりと準備をして、セキュリティーだけ万全にしておくことを強くおすすめします!

フィンテック革命。素晴らしいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で