テクニカル分析「一目均衡表」とは?転換線・基準線の各ラインを解説

トレードをする時皆さんは何を基準にトレードをしていますか?ボリンジャーバンド、MACD、移動平均線などなどたくさんありますよね。僕はその中でも一目山人の考案した「一目均衡表」を使用しております。

この一目均衡表の凄いところが、縦軸の「価格」だけではなく横軸の「時間」も測れるところにあります。

今回は「一目均衡表って何?」というところを簡単に解説していきたいと思います。

一目均衡表とは

一目均衡表は「時間軸を未来・過去へずらした3次元チャート」と言われています。基本的にチャートは価格と時間の2次元ですが、価格と時間(過去)と時間(未来)に渡って分析ができる素晴らしいテクニカル分析ツールとなってます。

 

しかもこの一目均衡表は日本生まれなんですよね。細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案された。ペンネームである一目山人(いちもくさんじん)という名が世に広がりました。なんとも親しみやすいですね。

 

一目均衡表の各ラインについて

一目均衡表は5つのラインから成り立っています。転換線、基準線は単純平均。先行スパンは雲を表し、未来にラインを描く。遅行スパンは過去の価格に今の値を合わしたもの。

簡単に見えて結構難しいですが、これが結構使えるんです。それぞれ見ていきましょう!

 

転換線

(9日間最高値+9日間最安値)÷2

その日を含め過去9日間の最高値と最安値の単純平均。

 

基準線

(26日間最高値+26日間最安値)÷2

その日を含め過去26日間の最高値と最安値のみを取り出した単純平均。

先行スパン1

基準線と転換線の中値を26日先行させて表示

 

先行スパン2

過去52日間の最高値と最安値の単純平均を26日先行させて表示

 

遅行スパン

その日の終値を26日遅行させて表示

 

この5つのラインの組み合わせによってチャートが出来上がってきます。

 

一目均衡表の各ラインを画像で

ドル円日足のチャート。

赤色が転換線、黄色が基準線、紫色が先行スパン1、緑色が先行スパン2、青色が遅行スパンという表示です。

これらを組み合わせて見ていきます。時間論、波動論、値幅観測論という基本理念もあり、これらを複合的に見ていくんです。

 

少し見方は難しいですが、かなり使えるツールなので一度勉強してみてはどうでしょうか。

FX
シェアする
フォローしてくれたら嬉しいです
かくちゃんねる