iCloudフォトライブラリを使ってみたら便利すぎた話

ぼくがiPhoneで一番使ってる機能はなんだと思いますか?

そう。正解はカメラ機能です。笑

写真を取るのも見るのも大好きで、もちろん普通のカメラでも撮りますが基本的にはiPhoneのカメラを使用しています。

そこで「画像と動画が増えて容量が無くなっちゃう」とか「バックアップしっかりしておきたい」とか考えると思います。

今回はiCloudフォトライブラリを使ってみたらかなり便利だったので紹介したいと思います。

iCloudフォトライブラリとは

iPhoneの写真やビデオを丸ごとiCloudに自動でアップロードしてくれる機能です。

非圧縮のオリジナルサイズでアップロードされて、外出先などでも同じ写真を見ることができます。

GoogleフォトやDropboxなどのオンラインストレージのAppleバージョンですね。

 

写真が保存される仕組み

iCloudにサインアップすると、自動的に5GBの無料ストレージが使用できるようになります。
たくさん写真や動画を撮る人は5GBでは足りない場合があると思います。その時はストレージプランをアップグレードすることができます。バックアップ料金だと思って支払っています。

容量月額料金
50GB130円
200GB400円
2TB1,300円

上記の料金になります。個人の使用だと50GBか200GBのプランになりそうですね。

また、家族で容量を分け合うこともできるので、そういった場合は家族で2TB使うのも良いかも。

 

マイフォトストリームとの違いは?

Apple製品にはマイフォトストリームと言う機能も備わっています。

無料で使うことができるのでこちらで代用ができそうな人はこちらを使いましょう。ぼくはフォトライブラリ推しですが(笑)

iCloudフォトライブラリマイフォトストリーム
iCloudストレージを消費する。iCloud ストレージの消費量としてはカウントされない。
iCloudのストレージが十分にあれば、好きなだけ何枚でも写真やビデオを保存できる。過去30日分および最大1,000 枚の写真がアップロードされる。
オリジナルの形式でフル解像度で保存される。iPhone,iPad,iPod touchには、小さめのデータがダウンロードされる。MacやWindowsパソコンには、フル解像度の写真がダウンロードされる。
「ストレージを最適化」を有効にして、デバイス上の容量を節約することができる。容量を節約することはできない。
編集内容はiCloudに保存され、使用している全Apple製デバイスに最新情報が反映される。編集内容はほかのデバイスに反映されない。

このような違いがあります。ここでぼくが便利だと思ったことを何個か。

 

オリジナルのフル解像度で保存が可能

これは賛否両論ありますが、ぼくは取った写真は圧縮せずにそのままのフル解像度で保存しておきたいタイプの人間です。

そのためiCloudストレージを消費はしてしまうのですが、容量を買ってでもオリジナルで保存しておきたいです。

せっかくの思い出なので(笑)

 

ストレージが最適化され容量が節約できる

iCloudに全部写真や動画がアップロードされているので、端末内の容量が削減できます。

端末内にアーカイブを置いておき、見たい時に取りに行くと言った感じですね。
しかも自動でやってくれます。全自動。

これによって主にiPhoneですが、大幅に容量が空きます。

 

編集内容が全Apple製デバイスに反映

ぼくは写真にフィルターを掛けたり、色合いを変更したり、明るさをかけたり色々します。
この変更の反映を全端末同期で自動的に勝手にやってくれます。

Dropboxなどを使うと、編集した後に再度アップロードが必要でしたがそんな手間も必要なくそのままにしておくと全自動で反映されているので超絶便利。

 

まとめ

今までGoogleフォトを使っていたのですが、Googleの100GBプランの250円を解約してiCloud50GBのプランの130円に加入しました!

パソコンもスマホもApple製品を使用しており試しに使ってみると、かなり互換性があり便利なことに気づきました。

5GBまでなら完全無料で使用できるので是非使ってみてください\(^o^)/

とても便利過ぎる!!!

 

追記:2018/10/25時点で200GBにストレージをアップ

iPhone Xsに機種変更すると同時に、旅行をたくさんして写真や動画をたくさん撮ったので、iCloudのストレージを200GBにアップしました。

更にたっぷり使えるようになったので、快適ですよ!