kindle本がオーディオブックになるiPhoneの読み上げ機能が便利

iPhoneの基本機能でKindleの読み上げができることを最近知って、かなり衝撃を受けました!

 

使ってみると便利すぎてびっくりです。通勤の電車や車の中でもkindle本をオーディオブックにできて、耳から読書ができちゃいます。

 

さぁ早速設定方法から行ってみましょう!

設定方法

iPhoneの設定方法

設定 → 一般 → アクセシビリティ → スピーチ → 画面の読み上げ:ONにする

 

iPhone側の設定はこれだけでOK!

 

Kindleアプリの設定

kindleのアプリを立ち上げ、文字サイズを最小にします。

文字を最小にしなくても読み上げ自体は使えますが、こうすることによってページめくりの途切れを少なく収めることができます。

 

画面上部から2本指でスワイプする

画面の読み上げを行うには、画面上部から2本指でスワイプするだけでOKです。

これでiPhoneがkindle本の文字を読んでくれるようになります。

 

難はあるがすぐに慣れて読書がはかどる

時々止まることがある

図が一面にある場合や、次のページに移行するときなどに止まってしまう場合があります。その時は再度優しく画面上部から2本指でスワイプしてあげましょう。

 

スクリーンをつけておかなくてはいけない

読み上げ機能を使っているときに電源をスリープ状態にすると、読み上げが停止してしまいます。なので画面の明るさを1番暗くして放置しておくことが必要です。

 

読み方が機械的で多少変なところがある

英語になると急に声が変わったり、日本語の読みがおかしかったりと多少変なところもありますが、ほとんど完ぺきにこなしてくれています。

問題ないレベルでしょう。

 

音読のスピード変更が可能

これはかなり便利な機能なのですが、音読のスピード変更ができちゃうんです。「うさぎとかめのスイッチ」がりまして、これをタップすることによって読む速さを早くできたり遅くできたりします。

 

難しい本のときは遅く、比較的簡単な本や2回めなどは早く。と言った使い方が可能になりますね。

 

まとめ

この機能、僕は最近まで知りませんでした。知らなかったことを後悔するくらいに便利な機能です。笑

 

これから移動中などの空き時間もこの読み上げ機能を使って本を読み、読書量を増やしていきたいと思います\(^o^)/

【Kindle Unlimited】日本でスタート!対象本が月額980円で読み放題に。
【レビュー】Kindle Paperwhiteは、まるで紙の本のように読書ができる端末
【Amazonプライム会員】Prime Readingで本が読み放題に!