「世の中は金である。」正論過ぎて反論の余地なし

世の中はお金?お金じゃない?って論争が度々されるが、どう考えても「世の中は金」である。

 

もちろん、お金が全てではないのはわかっている。だが、人生で直面する問題の9割はお金で解決できる。そして、『衣・食・住』どれをするにもお金が必要不可欠なのである。

 

つまり、「世の中は金である。」

その理由を以下にまとめたい。

 

金より大切なものってあるの?

こんなことを言っているが、もちろんぼくも金より大切なものは無いとは思ってない。むしろたくさんあると思ってる。

 

しかし、人生において何かしらの不自由を感じる場面があったり、我慢をする場面が皆さんにもあるのではないだろうか。

 

その問題の9割は、間違いなくお金で解決できるのだ。

 

お金のことについて

結局、お金って何なの?

皆さんは、「お金って何?」という質問になんと答えるであろうか。

  • 価値の代替物
  • 交換の媒介
  • 価値の保存方法
  • 信用や信頼
  • ただのツール

きりがないのでこのくらいにしておくが、みなさんもこのような意見が出てきたのではないだろうか。

 

選択を自由にするために必要なもの

人生は選択の連続で、何をするにも選択をしなければならない。

そこで密接に関わってくるのがお金であり、人生何をするにおいてもお金が必要。

  • 欲しいものがあって、それを買う時も
  • 友達と飲みに行く時も
  • 恋人とデートをするときも
  • どこかへ旅行するときも

 

ではお金があるとどうだろうか。

  • 欲しいものがすぐ買える。もっといいものが買える
  • 友達と飲みにいける。行かないという選択もできる
  • 恋人とデートをして、お高いディナーに行ったりできるかもしれない
  • 思い立ったらすぐに何泊でも旅行ができる。ビジネスクラスで行けるかもしれない

 

生きてるだけでお金が必要だし、お金があると選択の幅が広がる。

やっぱり欲しいものは欲しいし、遊びたいのだ!やりたいことも、全部お金さえあれば叶えることができてしまう。

 

お金がないと誰も救うことができない。なのにまだきれいごと?

友情が大切だ、愛が大切だ。

それは間違いない事実であり、むしろ大切過ぎると思う。

 

だけどそんなきれいごとで、人が救えるの?

 

サービス残業もして、休日出勤もして、1ヶ月必死で働いて、20万円程度の給料しかもらえない人なんかザラにいる。というか、ぼくもその一人だった。

 

誰も救えない。大切な人を救うには自分を救ってから

ぼくたちには友情が無いわけではない。愛情がないわけではない。

 

しかし実際は、不当な労働でストレスを抱えていたり、労働に見合わない賃金に対して常に頭を悩ませている。

 

ぼくたちはこのままでいいのだろうか。
一生過酷な労働を強いられ、自己実現しないままなのだろうか。

 

お金の問題を解決しないことには、誰も救えなくなってしまう。

 

まとめ

だから稼ごう。稼ぐしか無いのだ

手段はなんでもいい。稼ごう。少しずつでいい。

自分のために、大切な人のために。