Kindle Paperwhiteレビュー。まるで紙の本のように読書ができる端末

ぼくがどこへ行くにもかかさず持ち歩いている端末があります。

そう、それが「Kindle Paperwhite」。あなたが本好きであればあるほどKindle Paperwhiteはおすすめの一品です。

まるで紙のようなKindle Paperwhite

ぼくが持っているのは「 Kindle Paperwhite の広告無しモデル」広告ありのモデルは2000円ほど安いのだが、起動するときに毎回「ボタンを押してスワイプ」する必要があり、ちょっと面倒くさいのでこちらを購入した。

 

初めての電子書籍ということもあり大興奮!電子書籍についてや、簡単な紹介と感想をレビューしていきます。

 

電子書籍のメリットとデメリット

メリット

  • 本の購入が手軽で、買った瞬間本が読める
  • スペースをとらないので本棚がいらない
  • かさばらないので何冊でも持ち歩くことができる
  • スマートフォン、タブレット、パソコンなどの様々な端末で読むことができる
  • 本や文章の検索ができるので、自分のほしい情報がすぐに手に入る
  • バックライト付きのモデルであれば暗いところでも読むことができる
  • データなので紛失や劣化のリスクがない
  • データなので紙の本よりも多少値段が安い

ぼくの中で一番のメリットは、スペースをとらず持ち運びが手軽なことだ。

 

単行本など分厚い本は保管しておくのも持ち運ぶのも億劫。だが、電子書籍だとデータでスペースを全くとらないし手軽に持ち運ぶことができるので、とてつもないメリットだと思います。

 

デメリット

  • 電力が必要
  • サービスが終了しないとはいえない(買った本が読めなくなる可能性がある)
  • 紙の本のようにパラパラ読むことができない
  • コンテンツが少なく購入できるタイトルが少ない
  • 紙のぬくもりを感じることができない
  • 思いついたことを書き込んだりできない
  • 現状では本の貸し借りや売却をすることができない

ぼくは実はデメリットをあまり感じてはいないのだが、しいてあげるとすれば本のぬくもりやにおいを肌で感じることができないことかな。

 

結局どっちがいいの?

結論は「人それぞれ」ということです。

 

いろいろな本をいつでも好きな時、好きな場所で読みたいのであれば電子書籍に大きなメリットを感じるでしょう。

 

一方で、本のにおいや紙の手触りというぬくもり。ページをめくる感覚。という「本を読んでる感」は電子書籍にはない感覚だと思う。

 

ということでKindle Paperwhite

キャンペーン情報付きかどうか

冒頭にも書いたが、ぼくはキャンペーン情報無しモデルを購入しました。これは自分的に正解だと思っています。

 

読書をする前にキャンペーン情報をスキップする必要があり、もしその広告に気になった本があったら気になってしかたがないと思う。笑

 

まあ読書中には広告は表示されないのだから問題はないのだが、読書に対するモチベーションという意味でキャンペーン情報なしモデルがおすすめです。

 

色は黒か白かどちらにするのか

これは間違いなく黒色をおすすめします。

 

読書感を出すときは白色がより本を読んでいるような感じがすると思いますが、ここは電子書籍。電子であり、データなのでそれに没頭することができる黒色がおすすめ。

 

人間の脳の構造上、外枠が黒色だとメリハリがありそのデータに没入することができるらしい。映画館やテレビの外枠が黒色なのもこの理由。

 

けど白色はおしゃれでかっこいいんだよな〜。

 

いろいろ種類があるけどなぜPaperwhiteなのか

Kindleの電子書籍は4種類あります。

  • Kindle
  • Kindle paper white
  • kindle voyage
  • kindle oasis

ここで価格と機能のバランスが良いのがPaperwhiteです。世の中コストパフォーマンスですねー。機能についてはKindleの紹介ページを参照してください\(^o^)/

 

Kindle Paperwhiteを愛してやまない理由

目が疲れない

購入前から心配だったのが、目がつかれるかどうか。全然目が疲れねぇ!ていうか、紙だよねこれ?って感じ!

 

まったく心配いらずだった(笑)

 

軽い

え?これ持ってるの?ってくらい軽い。カバンにポーイと入れて持ち運ぶことができるし、本を読んでても全然疲れない。

 

あと片手で持ってページをめくれるところもなにげにポイント!

 

充電がほとんどいらない

あれ?充電いつしたっけ?ってほど充電がいらない。というかほとんど減ってない(笑)

 

スマートフォンに慣れすぎて充電を気にしないといけないのかと思ってたが、ぼくの読書ライフ的にほぼ充電がいらないことが判明した。

 

スペースをとらない

何でもかんでもデータ化のぼくにとってものすごいメリット。自分の本棚がこの端末1つに入っていると思うとスゴイ嬉しい(笑)

 

文庫本とか持ち運んでたけど、今じゃ考えられないくらい快適。

 

読書が捗る

いつでもスタイリッシュにKindleを取り出して、どんな本でもどんな場所でもすぐに読むことができる。

 

紙の本だったらスッと出すことも厳しいし、持ち運ぶのもいやになるから結果読書量が今まで以上に増えた。

 

それと気になる本はすぐ買えるっていうのもメリット。とりあえず買っとけみたいな。

 

おしゃれ

おしゃれでしょ!どやれる!美しい!

(笑)

 

まとめ

もうこれは手放せません!気に入りすぎてどうしようってくらい!

 

というわけで「Kindle Paperwhite」めちゃくちゃおすすめです!

 

電子書籍使ったこと無い、興味あるなーって人はぜひ一度試してみてください。

 

コメント