トラベラーズノートとモレスキン、使うならどっち?【実際に購入しました】

最近、意識高い系の行動をしていると、手帳というかメモ帳というか自分の思考をアウトプットする存在が欲しくなってきた。

  • ほぼ日
  • モレスキン
  • トラベラーズノート
  • MDノート
  • RHODIA
  • 無印良品

などたくさんの種類がある。
その中でもコアなファンが多い、トラベラーズノートとモレスキンどっちにしようかと。

 

どっちを買おうか迷っている方、これから手帳を購入しようと思っている方の参考になれば嬉しい。

 

また、サイズに関しては旅行や普段の持ち運びを考えてコンパクトなサイズを選んでいます。

なぜ手帳が必要なのか

このデジタルの時代に正直、手帳は必要ないと思っている。ではなぜ手帳を持つのか。

それはかっこいいから!

だってカバンから質のいい手帳が出てきたらそれだけでかっこいいじゃない!笑

 

手帳は「書く」という作業が必要になってきます。

 

書くことを義務にせず、思考のアウトプット先として、忘れないための一時保管庫としての使い方をぼくはしたいと思っています。

 

トラベラーズノート(パスポートサイズ)

トラベラーズノートとは、牛革素材のカバーにシンプルなリフィルノートを挟んで使うノートのこと。

 

自由なスタイルで使うことができるので、自分の好きなようにカスタマイズできる。

 

一番好きなところは、使うほどに牛革が味をましていくところだ。なんとも言えない幸福感に包まれるだろう。

 

モレスキンノート(ポケットサイズ)

モレスキンとは、言わずと知れたノートの王様。もはや説明は不要であろう。

 

何の変哲もない普通のノートではあるが、ヘミングウェイ、ピカソ、ゴッホなど、多くの著名な作家や芸術家が利用していたことから「伝説のノート」という異名さえ持っている。

 

紙の質感がかなり良く、どんなペンでもすらすらかけてしまう。

 

ぼくがトラベラーズノートを選んだ理由

箇条書きで簡単に説明したいと思う。

  • リフィルを追加できるので、自分でカスタマイズしやすい。
  • リフィルを変えるだけで、同じ手帳を長期間使えるから愛着が湧く。
  • 革製品なので、変化を楽しめる。
  • トラベラーズという名前が好き。
  • 記憶の保管庫としての使い方をしたいので、多少乱雑に扱っても大丈夫そう。
  • 持ち運ぶので、多少曲がっても大丈夫そう。
  • 持っているだけで人と違っておしゃれ。
  • 革製品にオイルを塗ったりしたい。
  • 自分だけの特別感がある。

 

これだ!と言った決め手はないが、ざっくりとこんな感じ。ものを選ぶ時って、結局は第一印象と直感なんだよな。

 

トラベラーズノート開封

トラベラーズノートはこのような箱?に包まれている。これだけでもうおしゃれですよね(笑)

開封する前からテンションが上っておりますが、早速開封していきましょう\(^o^)/

 

 

開封した所です。牛革のとてもいい匂いがただよってきます。革がとっても良い質感。エイジングが楽しみですね。

 

内容物としては以下のとおりです

  • トラベラーズノート本体(牛革)
  • ノート(パスポートサイズ)
  • 赤色のゴム
  • 持ち運び用のケース

 

赤色のゴムは追加ノートを束ねたりする時に使用するみたいですね。麻の通気性が良さそうなノートケースがついていました!これはあまり使わなさそう。爪などで傷がついちゃうのが嫌な人は使用価値がありそうですね\(^o^)/

 

 

ついていたパスポートサイズのノートです。かわいい。本当のパスポートみたいな材質と色をしています。

中身も入国書審査書や航空券を彷彿させるようなデザイン。

おしゃれすぎます。。。笑

 

まとめ

note2

デジタルが便利な時代だからこそ、アナログに回帰したいこともある。

自分の価値観、考え方、想ったこと、をそのままアウトプットする場所くらい有機的なものにしておきたい。それってすごく素敵なことだと思う。

そのために、永く使えるお気に入りの手帳を見つけて毎日いっしょにいよう!

 

ぼくと一緒に、素敵な手帳ライフを初めませんか?笑

 

コメント