WordPressで公開前の記事(下書き)を誰かに見せることができるプラグイン「Public Post Preview」

公開前の下書き記事を誰に確認して欲しい場合などに使えるプラグイン「Public Post Preview」の紹介です。

Public Post Previewの特徴

Public Post Preview」は、投稿と固定ページの公開前の記事をログイン不要で他者に見せることができる素晴らしいプラグイン。

 

「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」の記事に対して、一時的なプレビュー用のリンクを生成できます。一時的な確認用のURLには有効期限が設定されていて、プラグインの初期設定では48時間に設定されています。

 

Public Post Previewのインストール

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Public Post Preview」で検索

 

 

インストールをして有効化すればそれだけで完了です!難しい設定も特にありません。

 

Public Post Previewの使用方法

01.記事を作成する

記事を作成した後に「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」に設定すると、投稿画面に「外部確認を許可する」という項目が表示されます。

 

02.外部確認を許可するにチェックを入れる

「外部確認を許可する」をクリックするとリンクが表示されます。

 

03. URLをコピーして共有する

このリンクをコピーし、ページを見せたい相手に伝えれば、公開前の下書きページを確認してもらうことができます。

 

とっても簡単に公開前の記事を見せることができました。

 

Public Post Previewの有効期限

リンクが生成されてから48時間の有効期限が設定されているので、48時間を過ぎるとページが表示できなくなります。共有する直前にリンクを作成するのがオススメです。

 

無効になっても再度チェックを入れ直すことによって、有効期限が更新されます。URLはそのままなので再度共有する必要性もありません。

 

Public Post Previewの注意点

記事の状態が「非公開」または「既に公開されている」場合は、このプラグインの機能を利用できません。

 

「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」に設定するようにしてください。

 

まとめ

公開前の記事を誰かに見せて確認してもらう機会って結構ありますよね。そんな時に便利な公開前の下書き記事を誰に確認して欲しい場合などに使えるプラグイン「Public Post Preview」の紹介でした。

 

非常に役に立つプラグインなので、どんどん使っていきます!