三井住友カードのポイントの使い方は「iDバリュー」一択です。ApplePay支払いと合わせると便利

僕はEPOSカード三井住友プライムゴールドカード の2枚をメインカードとして使い分けて使用しております。

 

EPOSカードのポイントはプリペイドカードにチャージをするのが一番お得なのは分かりやすいのですが、三井住友カードのポイントの使い方ってなかなか悩んで難しいですよね。

 

そこで今回は三井住友カードのポイントの使い方は「iDバリュー」一択ですよ!って記事を書いていきたいと思います。

 

三井住友カードのポイント還元率と価値

三井住友カードを利用した時に貯まるポイントは「ワールドプレゼントポイント」という名前です。利用金額の合計1,000円(含む消費税等)ごとに1ポイントが付与されます。

 

iDバリューや、Visaが発行するギフト券「VJAギフトカード」との交換の場合、1ポイントが5円相当になります。

 

三井住友カードのポイントの使い方の種類

ワールドポイントの使い方は様々です。

 

 

景品との交換や他社のポイントプログラムへの移行ができますが、ポイント還元率が低くなってしまうところに注意しましょう。「1ポイント=5円相当」となる5,000円相当の商品と交換するのが賢い方法です。

 

三井住友カードのポイントのおすすめの使い方

iDバリューを使用すると「1ポイント=5円」となり、ポイントを無駄なく使用することができてとてもお得です。

 

ApplePayのiD利用もiDバリューの対象

なぜこんなにiDバリューをオススメしているかというと、ApplePayのiD利用もiDバリューの対象になっているからなんです。

 

普通のポイントだと何に使おうか、どこで使おうか、など考えなければならない場合があったり、極端に還元率が悪くなったりする場合もあります。

 

ですが、ワールドポイントをiDバリューに交換しておいて、あとは普段通りコンビニなどでiD支払いをするだけで請求金額が交換したポイント分割引になります。単純明快なこのシステムがかなり気に入っています。

 

まとめ

僕がメインカードとして使っている三井住友プライムゴールドカードは、年会費が安い割に国内空港ラウンジが使えたりとかなりサービスが手厚いことで有名です。

気になる方は、この機会に作ってみてはどうでしょうか。

 

>>>三井住友VISAプライムゴールドカードを公式サイトでチェック 

 

関連記事>>>エポスカード(EPOS CARD)発行!ゴールドカードのインビテーションを期待!ポイントと優待は?

コメント