iHerbは楽天リーベイツ経由で楽天ポイントがザクザク

MacでWindowsが使える仮想ソフト「Parallels Desktop」レビュー

MacでWindowsが使える仮想ソフト「Parallels Desktop」レビュー

MacでWindowsを使いたいなぁ。
Windowsの仮想ソフト探しているけど、どれが良いんだろう。
できれば安くて、サクサク動作するソフトが良いな。

こんな疑問に答えていきます。

» Parallels Desktopの無償トライアルはこちら
※14日間すべての機能が無料で試せます。

Parallels DesktopはMacでWindowsが使えるソフト

Parallels DesktopはMacでWindowsが使えるソフト

Parallels Desktopは、MacでWindowsが使える仮想ソフト。

導入するだけで、Macで簡単にWindowsが使えるようになります。

特徴としては、

  • MacマシンでWindowsが使える
  • Windows、Internet Explorer の Microsoft Office にアクセス可能
  • Macの処理速度を落とさず、高速にWindowsが使える
  • ファイルをMacからWindowsに直接移動できる

といった感じ。

Windows仮想ソフトは通常、導入が難しかったり、値段が高かったりとなかなか手が出にくい商品です。

しかし、Parallels Desktopは安い値段でソフトが購入でき、ダウンロードするだけですぐにMacでWindowsが使えるようになりますよ。

無料トライアルもあるので、気になる方はまずは試してみてください。

» Parallels Desktopの無償トライアルはこちら
※14日間すべての機能が無料で試せます。

Parallels Desktopの料金

Parallels Desktopの料金

Parallels Desktopの料金は、1台あたり「8,345 円」です。

安定的に動くWindows仮想ソフトの中では、かなり安い値段ですね。

買いきりなので、月額料金がかからないのも嬉しいポイント。

開発者ではなく、一般家庭の使用方法で利用する方は、「家庭および学生向け」を買っておけばOKです。

Parallels Desktopを実際に使ってみてのレビュー

Parallels Desktopを実際に使ってみてのレビュー

Parallels Desktopを実際に使ってみて、サクサク動くのにびっくりしました。

Windowsの仮想ソフトって、なんかもっさりしていたり、起動に時間がかかるイメージでした。

しかし、Parallels Desktopは起動が数秒で、サクッと使い始めることができます。

作業している間も動きはサクサクしていて、快適に作業ができましたよ。

デメリットはこれと言ってありませんが、あげるとすれば「メモリ容量を多めに食う」こと。

Macを使ってWindowsを動かしているので、メモリーは食うのは当たり前。

メモリは最低でも4GBあると良いですよ。

まとめ

というわけで本記事は、MacでWindowsが使える仮想ソフト「Parallels Desktop」をレビューしてきました。

Parallels Desktopを購入しようとしている方には、おすすめできる商品です。

しかし、

  • メモリが4GB以下しか無い
  • MacとWindowsを両方同時に動かしたい
  • Windowsでゲームがしたい

と言った方は、仮想ソフトを使うよりもWindowsの本体を買ったほうが良いと思います。

Windowsしかできない作業を、Macでサックと終わらせたい人には、かなりおすすめできるソフトですよ。

気になる方は、まずは無料トライアルから試してみて、自分がWindowsでしたい操作ができるか試してから購入しましょう。

» Parallels Desktopの無償トライアルはこちら
※14日間すべての機能が無料で試せます。

MacBook
スポンサーリンク
\シェアする/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かくちゃんねる