楽天銀行で個人事業の屋号つき個人ビジネス口座を開設しました!必要書類や注意点

個人事業主やフリーランスの皆様、屋号付きの個人ビジネス口座ってお持ちでしょうか?お客様からの代金の振込先や資金の仕分けなどで何かと便利ですよね。

 

僕はこの前、ジャパンネット銀行にて屋号付きの個人ビジネス口座を開設したばっかりなのですが、なにやら楽天銀行も屋号付きの個人ビジネス口座を発行できるみたいなんです。

 

ジャパンネット銀行で屋号付きの個人ビジネス口座開設の詳細は個人事業用の屋号入り銀行口座を開設しました!開業したフリーランスの第一歩!おすすめの事業用銀行口座とは?に記載しています。

個人事業用の屋号入り銀行口座を開設しました!開業したフリーランスの第一歩!おすすめの事業用銀行口座とは?

 

今回は、楽天銀行にて屋号つき個人ビジネス口座を開設してみた!という記事を書いていこうと思います。

まずは楽天銀行の個人口座の開設

楽天銀行の個人口座を持っていない人は、まず個人口座を開設しましょう。

» 楽天銀行で個人口座の開設する

楽天銀行で屋号つき個人ビジネス口座を開設する際は、楽天銀行の個人口座を持っている必要があります。

 

楽天銀行の個人口座をすでに持っている人は、自分の口座にログインして、マイアカウントページの下の方「個人ビジネス口座開設」というリンクから申し込めます。

 

必要書類は開業届のコピーだけ

個人ビジネス口座開設の申し込みを完了すると、「事業内容を確認する資料」を送付するための返信用封筒が申込住所に届きます。

 

その中に「受領印付き開業届のコピー」を入れて返送します。

 

審査が終わり口座開設準備が完了すると、個人口座の通知メールアドレスに連絡がきます。そのメールの指示に従って最終手続きをすると、晴れて屋号付きの個人ビジネス口座の完成です!

 

申し込みから約2週間ほどで、簡単に開設することができました。

 

楽天銀行で屋号付き個人ビジネス口座を作成する時の注意点

キャッシュカードの発行が有料

これは全然気づきませんでした。楽天銀行の個人口座はキャッシュカードが無料でもらえますが、個人ビジネス口座のキャッシュカードは発行手数料は1,080円(税込)かかっちゃうらしいんです。

 

僕はお客様からの振込用口座として使うので、引き出す予定があまりありません。なのでこの点は大丈夫かなと。

 

もしも現金が必要になれば、楽天銀行の個人口座に移し替えてから出金しようと思います。

 

屋号付きのデビットカード作成も有料

屋号付きのデビットカードが作れるらしいのですが、年会費が1,080円(税込)らしいんですね。受取口座としてしか使用しないのであまり関係ないですが、もしデビットカードとして使用したい人がいれば注意してくださいね。

 

法人クレジットカードが必要かどうかについては、「事業用・法人用クレジットカード(ビジネスカード)は必要なのか?おすすめのカードを紹介します。」で詳しく記載しています。

事業用・法人用クレジットカード(ビジネスカード)は必要なのか?おすすめのカードを紹介します。

 

楽天銀行の屋号つき個人ビジネス口座開設の情報まとめ

  • 個人ビジネス口座を開設する際は、楽天銀行の個人口座が必要
  • 必要書類は開業届のコピーだけ(それ以外いりません)
  • キャッシュカードの発行無し(個人口座と連携しているので特にいらない)

発行や審査にかかる時間も短く、とてもスムーズでした。

開業届を出して個人事業主になった人であれば、基本誰でも楽天銀行の個人ビジネス口座は開設できそうです。

 

まとめ

個人事業主で屋号つき口座が欲しい方は、現段階では楽天銀行が一番簡単に開設できると思います。

 

個人事業主は個人口座を使ってももちろん大丈夫なのですが、屋号付きの口座をお客様に渡す請求書などに記載すると「ちゃんとやってる感」が見えます。

 

個人事業主で屋号つき口座をお持ちでない方は、楽天銀行の個人ビジネス口座を開設してみてください!

 

» 楽天銀行で個人口座の開設からはじめる

楽天銀行

 

▼関連記事

個人事業用の屋号入り銀行口座を開設しました!開業したフリーランスの第一歩!おすすめの事業用銀行口座とは?

おすすめ名刺作成会社3選!個人事業主やフリーランスもネット作成・印刷で自分の名刺を持っておこう!

クラウド請求書サービスの Misoca(ミソカ)は、フリーランスや個人事業主にありがたい機能がたくさん!

コメント