【iHerb】マグネシウムの効果とおすすめサプリ【摂取タイミング】

マグネシウムって身体に大切な栄養素って知ってました?無いといろいろ不都合が生じてくるみたいです。無いよりはもちろんあったほうが良い!

実はこのマグネシウム、日々のストレスの影響で尿として排泄される割合が多くなってきているらしい。

 

そこでマグネシウムは「なぜ必要なの?どんな効果があるの?サプリのとり方や選び方はどうしたらいい?」ということを解説していきたいと思います!

【初回限定】プロモーションコードの「SQM3981」と「10NEWJP」を入力し、$40以上購入すると、合計金額から「5%割引+$10割引」が受けられます。

2018年10月初回限定クーポン

SQM3981+10NEWJPを利用する

※$40以上の購入で5%割引+$10割引、送料無料です。
※クリックで自動適用されます。

マグネシウムの効果

マグネシウムの効果について大きく分けて

  • 骨の形成を助ける
  • 300種類以上の酵素の働きを助ける
  • 筋肉の収縮を助ける
  • ストレスの緩和

この4つです。それぞれ詳しく見ていきます。

骨の形成を助ける

骨の形成と聞くと真っ先に思い出すのは『カルシウム』だと思います。もちろんカルシウムは大切なのですが、マグネシウムも同じくらい骨の形成を助ける大事なミネラルなのです!

またマグネシウムは骨の密度を保つ働きもしてくれます。「骨粗鬆症の予防」にも大変重要なミネラルですね。

カルシウムとマグネシウムのバランスの取れた摂取が必要です。

 

300種類以上の酵素の働きを助ける

マグネシウムは「タンパク質や糖質や脂質の代謝を助ける効果」があると言われています。

食事からとった栄養分を身体を作る材料に使ったり、エネルギーに変える助けをしてくれます。

また酵素の働きを助ける効果もあり、食べ物の消化をスムーズにする効果もあります。

消化以外にも神経、体温、血圧など、300種類以上の酵素の働きを助けています。

 

筋肉の収縮を助ける

マグネシウムは筋肉にも多く含まれていています。筋肉の収縮はカルシウムが筋肉細胞に出入りすることで起こりまが、その出入りをうまく調節し、筋肉の収縮を助けてくれる働きを持つのがマグネシウムなのです。

しかしマグネシウムが不足すると、その調節がうまくいかずに筋疲労が起こったり上手く身体が動かせなくなったりします。

そして、これが心臓で起こってしまうと不整脈、心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気につながってしまうことも。

 

ストレスの緩和

マグネシウムはストレスを感じることで消費されていってしまいます。それが悪循環となり、またストレスを感じるようになってしますのです。

マグネシウムには神経に働きかけて正常にし、リラックスさせる働きがあるのでストレス社会に生きる社会人全員におすすめできます。

 

マグネシウムの摂取方法・タイミング

おすすめ摂取方法

1日200〜400mgを飲めばOKですね。

マグネシウムはカルシウムと一緒に摂取すると吸収されやすくなります。体内のカルシウムの量を調節する役割を持っているのがマグネシウムなので、一緒に摂取して効果を最大化しましょう。

カルシウム2:マグネシウム1の摂取がおすすめですが、上記で述べた通りストレス負荷が多くかかっているため、カルシウム1:マグネシウム1でも良いかも。

※ちなみにマグネシウムの副作用は30,000mg以上取ると過敏症になるので気をつけてください。

 

摂取タイミング

基本的にはいつでもOKです。できれば空腹時か睡眠前、次に食後がいいかも。

マグネシウム自体はアルカリ性です。食中や食後に摂取すると胃酸と中和されて消化の妨げになるよー!って意見もありますので、空腹前や就寝時がおすすめと言ってるところもあります。

ですが空腹時に飲むと多少気分が優れなくなる人も居るらしく自分にあった摂取タイミングが大切ですね。

カルシウムの他にビタミンCやDと一緒に取るのもおすすめ!亜鉛は吸収の妨げになるので一緒に摂取は避けてください。

 

マグネシウムおすすめサプリ

いつも使用しているnow社のサプリメント。1錠200mg配合なのでこれを1日2錠食後に飲んでいます。

iHerbで見てみる

こちらも毎度ながらiHerbで購入しています。サプリのほとんどiHerbでおすすめ!

 

結構と言うか、かなりでけぇ!ぶっ飛んでますねアメリカサイズ!サイズで言うと枝豆2つぶくらいの大きさ?笑

僕は口の中で噛んで飲んでいます…

ピルカッターを使う方も多いみたいですが、摂取できればOK!笑

 

まとめ

身体の形成にも病気予防にもストレスの減少にも、様々な効果をもたらしてくれるマグネシウム。かなりの効果が期待できそうですね。

積極的な摂取をおすすめします!

iHerbでマグネシウムを見る