Apple Watch右手か左手どっちが便利?Suicaとの組み合わせ

Apple Watchを使って早半年がたとうとしているわけですが、かなり気に入って毎日装着しています。

新しいApple Watchが発売して、右手か左手かどっちにつけたらいいんだろうと悩んでいる人もちらほら。

 

そこで今回はどっちがいいのかを比較して見ていきたいと思います!

 

現在使用していアップルウォッチはは、Apple Watch Series2です。

Apple Watch Series2購入!使ってみてできることや機能のレビュー

右手か左手どっちにつけるのが便利?

右利きの人は意識せずに左に装着

普通の腕時計をする時って、右利きの人は左に。左利きの人は右につけますよね。

右利きが圧倒的に多いので、必然的に時計を左につけている人が多いはず。

左利きの人はそれで全然OKなのですが、Suicaの機能があるため、右利きの人は右に付けたくなったりしちゃいます。

 

移動でSuicaを多用する場合

通勤や通学をする時に電車でSuicaを使う人は多いはず。

改札のSuicaタッチ部分は基本的には右側にあります。なのでApple Watchを左手につけていると、体をひねってタッチしないといけない問題が発生してきます。

まあ全然やれないこともないですが、通勤ラッシュ時などスムーズに行いたいものですよね。

なのでこういった方は通勤通学時だけでも右手に装着するのをおすすめします!

 

Suicaを使って新幹線に乗れるサービスや、Suicaが特急券代わりになるサービスが登場したので、使用頻度は高そうですね。

アップルウォッチで新幹線や特急に乗れる時代です…。

スマートEX開始!Suicaで新幹線に乗れるチケットレスサービス!
【モバイルSuica特急券】ApplePay対応のiPhoneで新幹線の切符を購入する方法

 

Suicaにチャージするだけでポイント高還元なクレジットカードをSuicaのチャージでポイントが貯まるクレジットカードのおすすめ3選とその還元率!にて紹介しているので、合わせてどうぞ。

Suicaのチャージでポイントが貯まるクレジットカードのおすすめ3選とその還元率!

コンビニなどの私生活での場合

正直Suicaのタッチ問題外には好きな方にApple Watchをつけておいても全然問題はありません。コンビニなどのお会計時にApplePayで支払うとき、タッチの端末が左側にあります。

なので私生活をする上では左手に付けたほうが利便性があるのかもしれません。

基本的に右利きが多いと思うので、手を動かす回数が多い右手とは逆の方につけておくのが一般的ですよね。

 

【結論】右手か左手、結局どっちが便利なの?

結論「ライフスタイルによります」としか言えません。笑
それぞれの生活に合わせて変えるのがベストですね。

ぼくの場合どうなのかもし良かったら参考にしてみてください。

 

ぼくの場合

ぼくは田舎に住んでいて電車に全く乗らず、Suicaを改札では全く使いません。

そして右利きのためApple Watchを左腕に装着しています!ApplePayを使うところと言えばコンビニと自販機くらいでしょうか。笑

なので全然左腕に装着でOKなのです!

 

1つだけ例外があって、それは「都会に遊びに行くとき」です!

改札でSuicaを使う機会がある時は、張り切って右腕に装着して進出していっています。

改札入る前と出た後、電車移動しないときは普通に左手に装着していますけどねw
左手に慣れてしまっています(笑)

 

まとめ

AppleWatchは便利なもので、上下左右どう変えてもアプリで設定すればちょうどいい感じにディスプレイを回転させてくれます。なので色々試してみて自分に合った方法を見つけていくのが良さそうですね。

それにしても腕時計でお金を払える時代。素敵なものを感じますね。

 

アップルウォッチは付けているのを忘れてしまいそうになるくらい快適なので、充電をし忘れることもあります。

充電命なので、アップルウォッチ専用のモバイルバッテリーなんかも一緒に持ち運ぶと安心ですね。